不動明王二童子像(青蓮院)平安朝盛期絵画の格調の高さを示す日本の仏画の名作/平安時代の美術

不動明王二童子像

不動の身色により「青不動」として一般に親しまれている京都青蓮院蔵の国宝『不動明王二童子像』。絹本着色。 11世紀制作。中尊不動は左眼を閉じ,牙を出して堅く口を結び,倶利迦羅竜のまといつく剣を右手に持ち,怪鳥をかたどった火炎を背後に大磐石上に坐し,左右に矜羯羅 (こんがら) ,制た迦 (せいたか) の二童子を侍立させる。天台密教系不動像の典型で,平安朝盛期絵画の格調の高さを示す日本の仏画の名作。