伊勢神宮/神明造は最も古い建築様式/白鳳の美術

伊勢神宮

三重県伊勢市所在の皇大神宮(内宮。祭神アマテラスオオミカミ)と豊受大神宮(外宮。祭神トユケノオオカミ)両社の総称。伊勢大神宮,大神宮ともいうが,正式には単に神宮という。創立は 4世紀初頭。内宮は崇神天皇のときに,代々宮中にまつってきた八咫鏡を大和の笠縫邑(かさぬいむら)に移し,さらに垂仁天皇のときに,五十鈴川上流の現在地に社を造営したのが起源といわれる。外宮は古名を度会宮(わたらいのみや)ともいい,雄略天皇のときにトユケノオオカミを丹波国から移したことに始まるとされる。皇祖神の宗廟として皇室から最高の尊崇を受け,後醍醐天皇のときまでは代々皇女を斎宮として奉仕させた。神嘗祭(かんなめさい。外宮 10月16日,内宮 10月17日)をはじめとする諸例祭は,大宝律令,延喜式以来の古儀をよく保存している。社殿を 20年ごとにつくり替える「式年造替」の制があり,それに伴って遷宮(→式年遷宮祭)が行なわれる。古制が完全に継承されており,2013年10月に第62回遷宮の儀式が行なわれた。正殿はヒノキの素木(しらき)を用い,規模の大きい唯一神明造(→神明造)で,切妻造の平入り,柱は掘立柱,屋根は茅ぶき,まわり縁で正面に階段がある。棟の両端に千木が高くそびえ,棟木の上に堅魚木を載せる。仏教渡来以前の古い日本建築の形式を示す。神宝,古文書などは付属の徴古館,神宮文庫に収納。このうち『玉篇巻第廿二』は国宝に指定されている。

神明造

神社建築の一様式。切妻造,茅葺(かやぶき)で,棟(むね)上に10本の鰹木(かつおぎ)と破風(はふ)板の延長である千木(ちぎ)を置き,両妻に棟持柱(おさ柱)と称する突出柱,破風板の上部に鞭懸(むちかけ)をもつ。また屋根は直線的に構成される。伊勢神宮の正殿が代表例で,特に外宮正殿の場合,他の簡略な神明造と区別して〈唯一神明造〉という。