八部衆・十大弟子立像(興福寺)乾漆像/奈良(天平)時代の美術

八部衆・十大弟子立像

インドで古くから信じられてきた異教の八つの神を集めて、仏教を保護し、仏に捧げ物をする役目を与えて、八部衆とします。仏教の教えに基づいた神ではないので、その生い立ちや性格、また姿やかたちは様々に説かれ、複雑で不明な部分が多くあります。仏教に取り入れられてからも、異教の神の姿のまま表現されることが多いのです。

この八部衆像は、天平6年(734)に創建された西金堂本尊釈迦如来像の周囲に安置されていた像で、乾漆(かんしつ)造という技法で造られています。この造り方は、まず心木(しんぎ)を立てて、塑土(そど)を用いてだいたいの形を造り、その上に漆で麻布を数枚貼り重ね、ある程度乾燥させた後、背中を切り開いて、中の土を取り出します。このように空洞になった内部に板や角材を補強材として入れ、その後木粉(もくふん)などを混ぜた漆で表面を整え、金箔や彩色を施して仕上げます。

正倉院文書の中に西金堂造営記録『造仏所作物帳(ぞうぶっしょさくもつちょう)』が伝えられており、そこに八部衆像や十大弟子像を造ったのは、仏師将軍万福(まんぷく)と画師秦牛養(うしかい)であったと記されています。

洲浜座(すはまざ)の上に直立し、守護神としての性格上、阿修羅像を除いて武装します。いずれも個性的な表情を取ります。8体とも造形はよく似ており、十大弟子像とともに同一工房で造られ、本来一具として安置されていたことが知られます。なお両群像ともに鎌倉時代に補彩されたことが記録にみえます。

八部衆の名は『法華経』に「天、龍、夜叉(やしゃ)、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅(あしゅら)、迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)、摩ご羅伽(まごらか)」があげられますが、興福寺の場合は「五部浄(ごぶじょう)、沙羯羅(さから)、鳩槃荼(くばんだ)、乾闥婆(けんだつば)、阿修羅(あしゅら)、 迦楼羅(かるら)、緊那羅(きんなら)、畢婆迦羅(ひばから)」です。