十二天像(西大寺)わが国で最も早い作例/平安時代の美術

十二天像

十二天は、もとインド古代神などが仏教にとり入れられて護法神となったもの。帝釈天(東)、火天(東南)、焔摩天(南)、羅刹天(西南)、水天(西)、風天(西北)、毘沙門天(北)、伊舎那天(東北)までの天が各方位にあてられてはじめ八方天として成立した。これに梵天(天)、地天(地)、日天(日)、月天(月)が加わって十二天となる。わが国の十二天像の作例は奈良・西大寺本がもっとも早く、ついで大治2年(1127)に、五大尊像と同時に描かれた京都・東寺本がある。これらは後七日御修法(ごしちにちみしほ)などの密教の大法に用いられた。