唐招提寺(鑑真)僧により創建/奈良(天平)時代の美術

唐招提寺

奈良市五条町にある律宗の総本山。天平宝字3 (759) 年唐僧鑑真の開基。日本最初の戒律専門の寺院として造営された。平安時代に寺勢が衰えたが,鎌倉時代に貞慶,覚真,覚盛らの名僧が輩出して再興。国宝の金堂は本尊『盧舎那仏坐像』をはじめとする諸尊を蔵する奈良時代を代表する建築。その他講堂,宝蔵,経蔵,舎利殿 (鼓楼) などの国宝建造物があり,『鑑真和上像』,金亀舎利塔など奈良,鎌倉時代を代表する名品を所蔵する。