四睡図(黙庵、前田育徳会)中国画に近い水墨の技を見ることができる/室町時代の美術

黙庵霊淵(もくあんれいえん)

南北朝時代の禅僧。余技に水墨画をよくした。 14世紀前半に中国,元に渡り,禅僧として高位に上ったが現地で没した。室町時代の舶載画便覧ともいうべき『君台観左右帳記 (くんだいかんそうちょうき) 』には元時代の画家として記載されている。西湖の六通寺を訪れたとき開山牧谿和尚の遺印を授かり,「牧谿の再来」と賞されたほど道釈・花鳥画にすぐれた。遺品に『四睡図』 (前田育徳会) や月江正印賛,了庵清欲賛などの『布袋図』 (救世熱海美術館ほか) が伝わる。

四睡図

四睡図は、豊干、寒山及び拾得が虎と共に睡る姿が描かれた禅画、道釈画の画題である。禅の真理、妙理、境地を示すとされる。