土偶/縄文時代の美術

土偶

人の形をした小型の土製品。祈りのための道具として使われていたと考えられている。縄文時代早期に出現、縄文時代晩期から弥生時代初頭に消滅する。