土師器と須恵器/古墳時代の美術

土師器

土を低い温度でそのまま焼いたもの。須恵器と同じ時代に並行して作られたが、実用品としてみた場合、土師器のほうが品質的に下であった。埴輪も一種の土師器である。

須恵器

古墳時代後半に挑戦半島より窯を用いて高温で堅く焼しめる土器も製法が伝わる。洗練されたデザインが多い。