天寿国繍帳(中宮寺)飛鳥時代の絵画としても貴重な例/飛鳥・奈良美術

天寿国繍帳

飛鳥時代の刺繍。推古30(622)年の聖徳太子の没後,妃橘大郎女が,太子が生まれ変わった天寿国のありさまを偲ぼうと発願し,東漢末賢(やまとのあやのまけん)ら 3人の渡来人に下図を描かせ,采女らに刺繍させた。当初は巨大な 2帳の繍帳であったが,今日では一部の断片が寄せ集められて額装になっている。繍帳中の銘文は『上宮聖徳法王帝説』に伝えられており,制作の由来がわかる。中国六朝風(→六朝時代)の古拙な人物表現や文様がみられ,飛鳥時代の絵画としても貴重な例。