平治物語絵巻(国立国会図書館所蔵)俵屋宗達の扇面画に多くの図様が取入れられたことは著名/鎌倉時代の美術

平治物語絵巻

平治の乱 (→保元・平治の乱 ) を題材とした絵巻。 13世紀後半の作,紙本着色。ボストン美術館蔵の「三条殿夜討の巻」,静嘉堂文庫蔵の「信西の巻」,東京国立博物館蔵の「六波羅行幸の巻」 (国宝) の3巻と,諸所分蔵の「六波羅合戦の巻」残欠 14図が現存する。画面構成はダイナミックでよく整理されており,人馬の動きを的確に表現。現存の諸巻は画法や武具などの風俗描写に微妙な差異が認められる。後世の合戦絵に大きな影響を与え,なかでも俵屋宗達の扇面画に多くの図様が取入れられたことは著名。このほか,「六波羅合戦の巻」の白描模本と「待賢門合戦の巻」の彩色模本が伝来する。