弥勒菩薩半跏思惟像(広隆寺)当時多くの仏像が楠で造られているのに対して赤松で造られている/飛鳥・奈良美術

弥勒菩薩半跏思惟像

広隆寺霊宝殿に安置されている「宝冠弥勒」(国宝彫刻の部第一号)は、右手の中指を頬にあてて物思いにふける姿で知られる。しかしこの像は、当時多くの仏像が楠で造られているのに対して赤松で造られているため、『日本書紀』記載の推古31年(623年)に新羅から伝来したことが明らかになった。 日本に存在する最古の正史「日本書紀」で、弥勒菩薩半跏思惟像について「広隆寺を創建した秦河勝は新羅系渡来人だった」「新羅から来た仏像をこの寺に安置した」と史実が記録されている。