当麻曼荼羅(メトロポリタン美術館)/奈良(天平)時代の美術

当麻曼荼羅

日本で盛行した浄土三曼荼羅の一つ。唐の善導の『観無量寿経疏』に基づいて構成された観経変相の一形式。阿弥陀浄土図の左右縁と下縁との3辺に区画を設け,左辺に観経の序文説話,右辺に十六観のうちの前十三観,下辺にうしろの三観を展開した九品 (くぼん) 往生 (来迎) 観の各場面を描くところに特色がある。天平宝字7 (763) 年に中将姫が蓮糸で織ったという伝説のある当麻寺蔵の原本は,中国,盛唐時代の綴織の大幅で,現在破損がはなはだしい。鎌倉時代以降,浄土信仰の普及とともに特に重視され,大小の転写本が多数作られた。