春日権現験記(三の丸尚蔵館所蔵)最高峰の大和絵で描かれた社寺縁起絵巻の代表作/鎌倉時代の美術

春日権現験記

藤原氏の氏神である春日大社の由来と数々の霊験譚を描いた絵巻。20巻。御物。付属の目録奥書によって,1309年(延慶2)に西園寺公衡(きんひら)が春日明神の加護による藤原氏一門の繁栄を祈願するため春日大社に奉納したこと,絵は宮廷の絵所預(えどころあずかり)高階隆兼(たかしなたかかね)が描き,詞書を公衡の弟,覚円法印が起草して前関白鷹司基忠とその子息3人が書き写したことが知られる。絵巻としては珍しく絹本を用い,保存もきわめて良く,鎌倉後期の社寺縁起絵巻の代表作といえる。