玉虫厨子(法隆寺)飛鳥時代の建築、絵画、工芸史上貴重な遺品/飛鳥・奈良美術

玉虫厨子

法隆寺に伝わる飛鳥時代の厨子。高さ 2.33m。国宝。宮殿形の厨子とそれを載せる須弥座 (しゅみざ) の2部分から成る。木製黒漆塗りで,要所は金銅透かし彫の金具で飾られ,ことに宮殿形には透かし金具の下に玉虫の羽根を伏せてあることからこの名がつけられた。宮殿形は正面と左右に両開きの扉をつけ,二天王二菩薩像を描き,内部には金銅押出像を張る。建築の細部にいたるまで,法隆寺金堂などにみられる飛鳥建築の様式をそなえている。須弥座の正面には舎利供養,背面に須弥山,右側に『捨身飼虎図 (しゃしんしこず) 』,左側に『施身聞偈図 (せしんもんげず) 』と,仏典に基づく画題が彩漆 (いろうるし) で描かれている。内部の仏像は失われているが,飛鳥時代の建築,絵画,工芸史上貴重な遺品。