紫式部日記絵巻(五島美術館)鎌倉時代初頭の宮廷文化復興期における新感覚/鎌倉時代の美術

紫式部日記絵巻

紫式部の『紫式部日記』の絵画化作品。 13世紀前半作,紙本着色。4巻が五島美術館,藤田美術館その他に分蔵。このほか残欠2図がある。絵 24段,詞 24段 (うち1段は模写) が現存するが,当初はその2倍半ぐらいの絵と詞が絵巻 10巻ほどに仕立てられていたと思われる。『源氏物語絵巻』の系統をひき,各画面は大小ほぼ一定の紙幅に収められ,吹抜屋台による屋内描写,引目鉤鼻の顔貌表現,作り絵の彩色法などによって描かれている。一方,機知的な画面構成や人物像,鋭い線描やはなやかな色感などは,鎌倉時代初頭の宮廷文化復興期における新感覚を示している。宮廷絵師の工房制作によるものと考えられる。