舎利殿(金閣寺)木造3階建ての楼閣建築/室町時代前期の美術

金閣

足利義満の建設した宝形造りの楼閣で、下から寝殿造りの法水院、武家造りの潮音閣、唐様の究竟頂の三層からなる。内外に金箔きんぱくが貼られていた。1950年(昭和25)に焼失したが55年再建。

舎利殿

仏舎利を安置した建物。一般に方形で、中央に舎利塔を置く。

仏舎利

一般には釈尊の遺骨をいい,それを安置した塔を舎利塔などと称する。