蘭渓道隆像(建長寺)微妙な諧調をつけた水墨画/鎌倉時代の美術

蘭渓道隆

鎌倉時代の臨済宗の渡来僧。西蜀培江の人。俗姓は冉、蘭渓は道号、道隆は諱、謚号は大覚禅師。無明慧性の法を嗣ぐ。来日して京都泉涌寺の来迎院に寄寓、鎌倉寿福寺などに歴住したのち、北条時頼の帰依を受け建長寺開山となる。また京都建仁寺で後嵯峨上皇に宗要を説いた。北条時宗の後援で建長寺に再住、円覚寺建立のために寺地を選定した。鎌倉禅宗の基礎を築き、後世に大きな影響を与えた。