飛鳥寺(蘇我馬子)日本初の本格的な寺院/飛鳥・奈良美術

飛鳥寺

奈良県高市郡明日香村所在。真言宗豊山派に属する。安居院 (あんごいん) ,本元興寺 (もとがんごうじ) ともいう。もと法興寺,元興寺ともいわれ,平城京に移築後は本元興寺として残ったが,建久7 (1196) 年,塔の焼失後は急速に衰えた。現在は創建当初の釈迦像 (飛鳥大仏) を安置する安居院が存続する。飛鳥寺は蘇我馬子が崇峻1 (588) 年に発願して造営。推古1 (593) 年には塔に仏舎利が奉安され,同 14年に止利仏師 (→鞍作止利 ) 作といわれる丈六の釈迦如来像が安置された。近年,飛鳥寺跡の発掘調査の結果,南北中軸線上に南から南門,中門,塔,金堂,講堂が位置し,塔の東西にも金堂を配し,中門から回廊が延びて塔と3金堂を包んでいたことが明らかになった。このような配置を飛鳥寺式伽藍配置と呼んでいる。