高雄曼荼羅(神護寺)現存する日本最古の両界曼荼羅/平安時代の美術

高雄曼荼羅

京都市高雄山神護寺(じんごじ)に伝来する現存最古の両界曼荼羅。彩色本ではなく赤紫綾(あや)地に良質の金銀泥(でい)で描かれている。国宝で、胎蔵界は446.4センチメートル×406.3センチメートル、金剛界は411.0センチメートル×366.5センチメートルある大幅。制作の手本となったものは空海が中国から請来(しょうらい)した根本(こんぽん)曼荼羅の彩色本(長安の宮廷画家李真(りしん)ら作)。帰朝後に破損したので、821年(弘仁12)図絵された転写本をさらに写したのが本図。尊容の鉄線描は優れ、とくに中台八葉院や持明(じみょう)院の運筆は唐時代の図像を的確に伝えている。制作時期については、高田修は、『実録帳』から、空海が高雄山寺(現在の神護寺)に居住していたおり、灌頂(かんじょう)堂で血縁灌頂など行うために829年(天長6)につくられたと推定している。本図は仁和(にんな)寺、蓮華王(れんげおう)院、高野山(こうやさん)を転々とした悲運な時期もあったが、文覚上人(もんがくしょうにん)の神護寺再興時1184年(元暦1)に返納された。1034年(長元7)高野山の成蓮房兼意(じょうれんぼうけんい)が模写したもの(自描)などがある。