鳥毛立女屏風(正倉院)数少ない奈良朝絵画の遺品/奈良(天平)時代の美術

鳥毛立女屏風(正倉院)

正倉院に伝わる屏風の一つ。「樹下美人図」ともよぶ。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年(756)の『東大寺献物(けんもつ)帳』に「六扇」と記載されているが、現在は解かれてばらばらになり、その順序はわからない。紙に白土(はくど)を地塗りした上に、墨で樹下に立つ1人の唐風美人を描き、顔など一部に彩色を施す。人物の姿態は六扇ともそれぞれ異なる。もと画面に鳥の羽毛が貼(は)られていたが、いまはほとんど剥落(はくらく)。ただし、わずかに残る羽毛は日本産ヤマドリのものといわれ、さらに一扇の下貼紙に「天平勝宝4年」の日付のあることなどからして、数少ない奈良朝絵画の遺品として貴重である。