喜能会之故真通 下巻 / 葛飾北斎

最終更新日

蛸が海女を犯すシーンが世界的に有名な葛飾北斎の代表作「喜能会之故真通」を男女の粋な会話を添えて公開しましたので、見るだけでなく、読む楽しみを是非味わってください。春画は戦闘前の武士の士気を高めたり、火除けのお守りといった用途もありました。また若い夫婦のための性教育の教材としても使われ、描き手が男性のみだったにもかかわらず多くの女性にも楽しまれた芸術なのです。

  1. 下・第三図 海女と蛸
    大蛸:本当にむっくりとした、良いぼぼだ。
    大蛸:吸って吸って吸いつくしてやる
    大蛸:いっそ竜宮城へ連れていって囲っておこうか。
    女:あれぇ憎いタコだのぅ。
    女:子宮の口を吸われては、息がはずむ
    女:八本の足の絡み具合がたまらなくいい…

  2. 下・第二図 湯治場での大店の女房と番頭
    女:やっとの想いでお前をお供に連れて来たのだから、
    女:しっかりやっておくれ、さぁ。
    男:しっかり働きましょう(もてあそぶ音:ニチャニチャ)
    女:さぁ。早くしなよ。
    音:ズブリ、ズブリ、コッポ、コッポ、ゴボ、ゴボ
    湯のような淫水がぬらぬら…

  3. 下・第四図 花魁と馴染み客
    女:みっともないから蒲団をかけな、
    男:よしよし承知した
    女:「さぁ」と女の手であてがうと、上の方へぬらり
    女:「あれさ」とまたあてがうと、下の方へぬらり
    女が腰をひねると、亀頭がはいる。
    両人の鼻息がふぅ、ふぅ、すぅ、すぅ…

  4. 下・第六図 奥女中同士の秘め事
    女一:ご奉公の間、本物は無理だから、
    女一:これを本物だと思って、
    女二:とってもいい、いい、大きい…
    あは、あは、ちゅう、ちゅう…

  5. 下・第一図 炬燵をはさんだ夫婦
    妻:どうにもいたずらな足だよ
    にちゃ、にちゃ、ぐす、ぐす

  6. 下・第五図 屋形船での情交
    女:もっと、取り舵、取り舵
    男:あいあい、こうかぇ
    にちゃ、にちゃ、ぐすり、ぐすり、

  7. 下・第七図 吉原の売れっ子と客のかけひき
    女:お前に逢いたいと書いた手紙が、どうして届かなかったのか、
    男:嘘を言え
    女:嘘じゃない
    男:なにぃ
    女:憎いのぉ…
    にちゃ、にちゃ、ぬらり

tnj